証券外務員

証券外務員一種試験の難易度と合格率【合格後にすべきことも解説】

「証券外務員の難易度や合格率ってどれくらいなんだろう? 」
「金融機関で内定が出たので、これから勉強しなければいけないがどれくらいの勉強時間が必要なんだろう?」

このような疑問にお答えしていきます。

筆者も金融機関に内定が出て、大学4年生の時に勉強をして合格しました。
金融機関の方であれば、証券外務員試験の合格は必須です。
金融商品(リスク商品)を取扱するのに必要な「運転免許証」のようなものです。

本記事ではそんな証券外務員試験をこれから受験しようとしている方向けに難易度や合格率などを解説していきます。

【本記事の内容】
・証券外務員試験一種の難易度と合格率を解説
・証券外務員試験一種の勉強期間について解説
・証券外務員に合格後にするべきこと

証券外務員試験一種の難易度と合格率

証券外務員試験の合格率は平均で60%程度

結論ですが、合格率は平均で60%程度です。
証券外務員試験の受験者は下記に分かれます。

1.会員等
2.協会等
3.一般受験者

※この合格率60%程度というのは一般受験者の方の合格率です。
【参考】直近の合格率について(一種・二種)

2018年度

試験種類 一種外務員資格試験 二種外務員資格試験
受験者数 4,872名 3,870名
合格者数 3,160名 2,573名
合格率 66.1% 66.5%

2017年度

試験種類 一種外務員資格試験 二種外務員資格試験
受験者数 5,604名 4,445名
合格者数 3,647名 2,797名
合格率 65.1% 62.9%

このように、一種と二種の合格率は大差なしです。

よって、一種試験を取得する予定のある方は、二種試験の受験は行わずに、一種から受験するのがおすすめです。
というのも、難易度は一種と二種では実は違いがありません。
試験が範囲が異なるだけですので、勉強時間で解決できます。

ちなみに難易度ですが、難しすぎず易しくもないという表現になります。

というのも、この試験を受験する人の多くは大学生になるかと思います。
ですので、金融の知識が特にない方も多いので、初めて見る用語も多くあるため最初は少し理解するのに時間がかかりますね。

※同じ金融関係の資格である簿記検定とファイナンシャルプランナー試験と比較すると、簿記3級(FP3級)と簿記2(FP2級)のちょうど中間くらいの難易度になります。

証券外務員試験一種の勉強時間と勉強期間

勉強期間は60~80時間、1か月~2か月で合格可能

証券外務員一種の試験は、1か月~2か月くらいで考えるのがいいでしょう。

上でも書いた通り、意外と出題範囲が広いため、知識を定着させるためにも1か月~2か月ほどの勉強時間をかけるべきです。

勉強時間でいうと、60時間~80時間程度必要となるのが一般的です。
ですので1日1時間くらいの勉強時間で2か月程かかるスケジュールです。

筆者は地方銀行に勤めていましたが、同僚の合格率はおよそ80%くらいでしたね。
落ちてしまう人は5人に1名ほどいたので、勉強をしなければ合格できるものではありません。

勉強に必要な教材は、下記の2点があれば十分です(かつあまり、どれにするかも考えなくてもOKです。各社のテキストに大差ありません)。

この2冊があれば必要十分な勉強をすることができます。

問題集は2周~3周程度すれば、十分合格できますね。

証券外務員一種の合格点は?

【証券外務員一種試験の試験内容】
問題数:合計100問
試験時間:2時間40分
合格点:440点満点の7割(308点)以上得点する

証券外務員一種の合格基準は7割の得点です。

試験問題は100問で◯×方式が70問と五肢選択方式が30問出題されます。

そして、「◯×方式が1問2点」で「五肢選択方式が1問10点」です。

つまり下記の通りです。

◯×方式で140点(2点×70問)
五肢選択方式で300点(10点×30問)

勉強を効率的に行うには五肢選択方式の対策をしっかり行っていけば合格点に到達できるようになります。

さらに、五肢選択方式でしっかり点数をとれるようになれば◯×方式の問題も解ける状態になります。

このように、合格基準・合格点である7割・308点をしっかり得点できるための対策を考えて勉強していきましょう。

※詳細の勉強法については下記の記事にて記載しています。

証券外務員一種試験に最短合格するための勉強法【無料模試あり】 「金融機関から内々定をもらって人事から、証券外務員一種を4月までの間に合格するようにと言われたが、どのように勉強を進めていいか分...

証券外務員試験に合格したら、次に考えること

証券外務員試験合格後は、内部管理責任者試験を取得すべき

内部管理責任者試験について知らない方は多いかもしれません。
しかし、この記事を読んでいるあなたが金融業界へ就職する予定、もしくは金融業界で働いているのであれば内部管理責任者試験を受験するべきです。

【理由】
①金融機関は内部管理責任者試験の取得を昇格の必須要件としているのがほとんど。
②証券外務員試験と出題範囲が非常に近い。

なので、証券外務員に合格したら一息つきたいところではありますが、そのまま受験するのがおすすめです。

まとめ:証券外務員一種は60時間の対策と1ヶ月は最低限対策が必要

・証券外務員試験の合格率は平均で60%程度
・勉強期間は1か月~2か月で合格可能
・合格後は、内部管理責任者試験を取得すべき

金融機関で働く人は資格試験を非常に受験しなければいけませんが、証券外務員試験は一番最初の必修資格試験となるので、是非一発合格でスタートダッシュを切りましょう。

証券外務員一種試験に最短合格するための勉強法【無料模試あり】 「金融機関から内々定をもらって人事から、証券外務員一種を4月までの間に合格するようにと言われたが、どのように勉強を進めていいか分...
出世したい地方銀行員が入行3年目までにすべき3つのこと。とにかく資格を取ることが1番重要!地方銀行に入行。 「やっぱり出世のことは考えてしまう。」 地方銀行業界に勤める入行1年目~3年目までの間にするべき3つのこと...
銀行員が取得すべき資格4選【出世に有利な資格とキャリアビジョン】 銀行員って、出世するためには資格が必要なの? 銀行員として出世するために必要な資格は何がいいか? 銀行員といえば、...
ABOUT ME
Kengo
【経歴】銀行→コンサル 【資格】中小企業診断士/行政書士/宅建士/FP/簿記/銀行業務検定 他。 資格のおかげで人生を好転できた経験から「資格を通じて人生を豊かにする」を伝えていきたいです。 プロフィール詳細はこちら