簿記

簿記の通信講座おすすめ5校を比較【無料あり・選び方を解説】

簿記とは、資産状況や売買の記録を帳簿につける会計手法のことをいいます。
お金に関する資格なので、経理職や金融関係の就職に有利とされています。

この資格を取得するにはある程度の勉強時間が必要となります。
簿記の勉強方法として、通信講座の受講を考える方も多いですね。

しかし、こんな悩みはありませんか?

「独学と通信講座との違いが分からない」
「通信講座のメリットとデメリットが知りたい」
「オススメの通信講座が知りたい」

本記事では、そのような悩みを解決します。

【本記事の内容】
・簿記の通信講座の選び方について解説
・簿記の通信講座おすすめ5校を紹介

簿記の通信講座の選び方について解説

1-1.独学と通信講座のメリット・デメリットは?

独学と通信講座のどちらで勉強をしようか迷っている人は多いですよね。
まず、独学と通信講座のそれぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

独学のメリット

・ほとんどテキスト代と受験費用のみなので、費用が安く済む
・勉強の内容も時間も、自分のペースで学習できる
・いろんな出版社のテキストが使えるので、解く問題に偏りが出にくい

独学のメリットは、テキスト代と試験の受験費用のみで済むので、費用をかけずに勉強したいという方は独学で問題なしです。

独学のデメリット

・分からない問題があった時に、質問することができない
・最新の情報が入りにくい
・自分で全て計画を立てて学習しなくてはいけない

一方で、独学の場合には自分で学習の計画を立てて取り組んでいく必要があるので、ある程度の意思を持ちながら学習できる方でないと独学は難しいです。

簿記検定の場合では、2級以上の挑戦の場合から通信講座を利用するのがおすすめですね。
簿記3級は独学でも十分合格可能ですが、簿記2級以上の場合2か月ほどの勉強時間をかけて勉強をするほどの内容になってくるため、意思が強くないと続きません。

通信講座のメリット

・家にいながらいつでもプロの講義を受けることが出来る
・音声講義のため、テキストを読んでいる以上に理解が進みやすい
・カリキュラムが用意されているので、自分でスケジュールを立てなくていい

筆者が通信講座のメリットで最も大きいのは、音声講義かつ動画のため、理解が進みやすいという点です。
どうしてもテキストだけだと頭に入らないことや、実務に使える具体的な知識にならないです。
実践的に簿記を学習していきたい方は通信講座を利用するのがおすすめですね。

通信講座のデメリット

・独学より費用が高い
・一方的にテキストが送られてくるので、教材が溜まりやすい
・通信講座によってはサポートが不十分な場合がある

デメリットは、サポートが通学より少ない教材があるという点ですね。
とはいえ、独学よりかは調べやすい環境のものが多いことと、インターネット検索だけで解決できることが多いので、そこまで大きなデメリットにはならないでしょう。

1-2.簿記の独学と通信講座はこんな人にオススメ

では、独学と通信講座はそれぞれどのような人に向いているのでしょうか。

独学はこんな人にオススメ

・自分のペースで学習したい人
・計画的に学習できる人
・とにかく費用を安く抑えて合格したい人

通信講座はこんな人にオススメ

・費用は抑えたいが、すぐに活かせる知識にしたい人
・仕事やプライベートが忙しく、効率よく合格したい人

簿記の通信講座はカリキュラムが用意されているので、合格への道のりも明確です。
独学で勉強したいけど、長続きしない方には、通信講座がおすすめです。

1-3.簿記の通信講座の選び方のポイント

簿記の勉強を通信講座でしようと思ったら、続いて通信講座の選び方を解説します。
簿記の通信講座は多数あります。
そんな中で、どの講座を選んだらいいのか、ポイントは3つあります。

簿記の通信講座が予算内かどうか
自分に合う学習方法が用意されているか
フォローが十分にされているかどうか

①簿記の通信講座が予算内かどうか

通信講座は数万円するため、出来ることなら費用は抑えたいもの。
費用が高いのと合格率は必ずしも比例しないので、自分が支払える講座を選びましょう。

簿記は3級のみ・2級のみ・3級と2級のセットと様々なコースがあります。セットにすると安くなる場合が多いです。

また、通信講座によっては適宜キャンペーンを実施しているので、そちらも上手く利用するようにしましょう。

②自分に合う学習方法が用意されているか

通信講座には、プロの講義を聴く方法として、ウェブ動画・音声ダウンロード・DVDと様々な方法があります。

自分に合う方法が用意されているがどうか確認しましょう。

③フォローが十分にされているかどうか

通信講座は通学と違い、家で学習するため、分からないことは質問できることが大切です。
受講者の不安を解消できる体制が整っているか確認しましょう。

質問方法としては、メールや電話など講座によって様々なので、自分に合うかどうか調べておきましょう。

簿記の通信講座おすすめ5校を紹介

通信講座 料金 合格祝い制度 コース 質問対応
TAC ¥21,600~ × 3級
2級
校舎・電話
メール・カード
大原 ¥24,500~ × 3級
2級
メール・電話
fax・郵送
スタディング
¥3,480~

(祝い金)

3級
2級
×
クレアール
¥9,600~

(受講料返金)

3級
2級
電話・スカイプ
メール
クレアール
¥9,800~

(Amazonギフト券)

3級
2級
メール

2-1.TAC

TACの通信講座は、ウェブ・DVD・資料といろんな受講方法が選べます。
また、唯一校舎にて自習や質問することが出来るので、校舎が近い方は有効活用できます。

校舎があるので、本番さながらに模試を受けることも可能です。
合格実績は公表されていませんが、ムラなくしっかり学習したい方には向いているでしょう。

【オススメポイント3つ】
①唯一校舎にて自習と質問が出来る
②受講者数が多く、知名度が高いので安心感がある
③幅広い受講者に柔軟に対応されている

2-2.大原

大原の通信講座は、3級だけで2572名(第148回~150回)と合格実績の圧倒的高さが特徴です。TAC同様、校舎があるので、模試や直前対策の受講が可能です。

【オススメポイント2つ】
①圧倒的合格率なので、時間がかかっても確実に合格したい人にオススメ
②校舎があるので、本番さながらの対策が出来る

2-3.スタディング

スタディングの通信講座は、パソコン・スマホ・タブレットの学習方法です。
倍速で講義を受けられ、忙しい人もスキマ時間に学習することができます。

徹底的なコスト削減により、圧倒的安さを実現し、教育ローンを組むことなく勉強に励むことが出来ます。合格祝い金制度もあり、モチベーションも上がる工夫がされています。

【オススメポイント3つ】
①忙しい人でも、いつでも自分のペースで学習できる
他社より圧倒的に安いので、個人でも支払いやすい
③合格祝い金制度がある

2-4.クレアール

クレアールの通信講座は、合格出来なかった人向けに1年間の受講延長が出来ます
なので、忙しい方や時間をかけて確実に合格したい方には向いているでしょう。

「非常識学習法」により、無駄なく必要な箇所だけ学習していくので効率的です。
合格すると、受講料返金制度があります。

【オススメポイント3つ】
プラス1年間の保証制度で受講の延長が可能
②必要なところだけ学習するので、無駄がない
③合格者に受講料返金制度あり

クレアール簿記検定講座
科学的・合理的・経済的に日商簿記検定試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。

2-5.フォーサイト

フォーサイトの通信講座は、テキストがフルカラーなので見やすく、初心者でも取り組みやすい工夫がされています。

合格するとAmazonのギフト券がもらえるので、Amazonをよく使う方にもオススメです。

【オススメポイント2つ】
①テキストがフルカラーで初心者に優しい
②合格すると、Amazonのギフト券がもらえる

2019年度の合格率は全国平均の2.80倍!短期間で簿記に合格できる話題の勉強法とは?
ABOUT ME
KEN
金融機関⇒スタートアップ企業 資格の取得によって人生の分岐点でチャンスをもらえた経験から、「資格を通じて人生を豊かにする」を伝えていきたいです。 【取得済の資格】 ・行政書士(21歳/大学在学中に独学で合格) ・宅地建物取引士(22歳/大学在学中に独学で合格) ・中小企業診断士(26歳/働きながら資格学校を利用し合格) ・FPや銀行業務検定(勤めていた金融機関で最年少取得記録)