中小企業診断士

スタディング(旧通勤講座)の中小企業診断士講座の評判と評価

「中小企業診断士をスタディングで学習してみたいが、本当にお金を支払って受講する価値があるのか?」

「スタディングの講座はインターネットだけだから学習コンテンツが不足しているんじゃないの?」

「実際に使ってみた人の感想を聞きたい!」

本記事では上記のような疑問について解説していきます。

【本記事の内容】
・スタディング(STUDYing、以下「スタディング」と省略)を利用することのメリットについて分かるようになる
・スタディングの学習コンテンツが充実しているかわかる
・筆者のスタディングの評価【今から勉強するなら是非使いたい】

ちなみに、筆者は中小企業診断士のH30年度試験で合格しました。

予備校はTACを利用していました。(1年目:通学、2年目:通信)

中小企業診断士の勉強にあたって、通学と通信を両方利用していたので、自分の経験からどちらが良かったかも実体験として感じたことを書いていこうと思います。

【筆者の実績】
1年目:1次試験合格(482点/700点)、2次試験不合格(成績は総合B評価)
2年目:2次試験合格(得点開示していないため点数は不明)

スタディング(STUDYing)を利用することのメリットについて

そもそもスタディングとは?

スタディングはKIYOラーニング株式会社(設立:2010年、代表取締役:綾部貴淑氏)が提供している通信講座サービスとなります。

KIYOラーニング株式会社の事業内容は「オンライン教育サービス事業」としており、通信教育に特化しています。

また、2018年にはベストベンチャー100にも選出されている急成長中のベンチャー企業で、AIで得点上昇効果を予測/資格勉強を革新する 「AIマスター(ベータ版)」 リリースをリリースするなど、新しい学習法を追い求めている会社です(これは非常に面白いですね!)。

ちなみに、中小企業診断士講座以外にも司法試験や司法書士、行政書士など多くの難関国家資格の通信講座を配信しています。

代表の綾部氏は中小企業診断士を取得しているので、特に中小企業診断士の通信教育に力を入れているのも特徴的ですね。

スタディングを利用するメリット

【スタディングを利用するメリット】

・スキマ時間を活用して勉強することが出来る

・段階的なアウトプット学習により合格する力が身につく

・大手資格学校と比較して圧倒的に低価格

1つずつ深掘りして説明していきます。

スキマ時間を活用して勉強することが出来る

僕自身が中小企業診断士の勉強をしていたときに、今考えると最も改善できることは「資格学校への移動時間が1時間かかっていた」ということです。

往復1時間程度の時間をかけて1時間半~3時間程勉強していました。

合計で100回近くも通学していたので、その移動時間を勉強時間に充てることができるのがスタディングの最もメリットがある部分です(家でスタディングの勉強ができること、図書館で勉強するなら図書館に移動するまでの時間でもスタディングを受講できます)。

特にサラリーマンにとって仕事をしながらの資格取得は効率的に勉強をしたいというのが最大の悩みですから、スタディングはそういった悩みを解決してくれます。

 

段階的なアウトプット学習により合格する力が身につく

【スタディングの学習フロー】試験に合格するための最大のコツは「問題練習をしながら実力をつけること」です。

スタディングでは、ビデオ/音声講座でインプットした後、最適な順番でアウトプット学習できるよう「学習フロー機能」が組まれてます。

「スマート問題集(通勤問題集)」で基礎力をつけた後、試験の過去問を解くなど、段階的に問題練習をすることによって無理なく試験に合格できる実力が身につきます

大手資格学校と比較し、圧倒的に低価格


スタディングでは大手資格学校と比較して運営コストを非常に削減しながらも、講座の開発コスト(ビデオ制作や講師への報酬等)は削っていません。

また、私も試しにスタディングの講座を受講しましたが、大手資格学校と同水準の講義内容でした。

イメージとしては銀行窓口とネット銀行の差を考えてみるといいかもしれません。投資商品を買うのにわざわざ銀行の窓口に行って購入するのは、銀行の窓口の人の人件費や店舗のコストなどがかかっているので全く同じ商品でも手数料がネット銀行の方が圧倒的に安いです。

学習をするという領域も徐々に非対面のインターネット上に移行していくのが今後の流れですね。

スタディング(STUDYing)の学習コンテンツ

「インターネットだけの通信講座となると、大手資格学校と比較して学習コンテンツが不十分かも」という不安を持たれる方も多いかと思います。

そこで、学習コンテンツの量について大手資格学校と比較できるよう、サイトを準備しましたので確認してみてください。

■大手資格学校TACの1次対策講座
TAC中小企業診断士講座コース一覧
■スタディングのコース一覧(下記リンク内の「コース一覧」を確認してみてください)
スタディング 中小企業診断士講座

いかがでしたでしょうか?

インプットできる授業の時間などもほとんど大差がないことと、価格がスタディングの方が圧倒的に安いことが分かるかと思います。

ちなみに、学習コンテンツのクオリティに不安のある方は、スタディングは無料でお試し講座(実際の講座の第一回目)を受講することが出来るので、試してみるといいですよ!(実際に自分で体験してみるのが一番です!)

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

筆者のスタディング(STUDYing)の評価

筆者のスタディングの最終評価としては、「非常に良い」です。

理由は下記の通りです。

・スキマ時間(電車などの移動時間)で学習しやすい
・コンテンツ内容についても大手資格学校と比較して見劣りしない
・大手資格学校の半分以下の価格で受講できる

自分自身、勉強を始めたときはスタディングの存在を知らずに、大手資格学校に通って勉強していた組ですが、2年目以降は通信講座に切り替えています。理由は、通う時間が本当にもったいない。。

その時の課題を大きく改善しているのがスタディングといえます。

(これから資格の勉強をするときはスタディングに講座がないか確実に検索しますね。。)

とはいえ、大手資格学校は公開模試なども行っているので、公開模試なんかは大手資格学校を利用するのがおすすめです。

大手資格学校と通信講座などを戦略的に使い分けながら、中小企業診断士合格に向けて取り組んでみてはいかがでしょうか。

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

中小企業診断士のオンライン通信講座比較!【おすすめの4校を比較】 「中小企業診断士の勉強で通信講座を利用しようと思うが、どれを選べばよいか分からない」 「教材や講義の質に違いはあるのだろうか?...



ABOUT ME
KEN
金融機関⇒スタートアップ企業 資格の取得によって人生の分岐点でチャンスをもらえた経験から、「資格を通じて人生を豊かにする」を伝えていきたいです。 【取得済の資格】 ・行政書士(21歳/大学在学中に独学で合格) ・宅地建物取引士(22歳/大学在学中に独学で合格) ・中小企業診断士(26歳/働きながら資格学校を利用し合格) ・FPや銀行業務検定(勤めていた金融機関で最年少取得記録)