中小企業診断士

中小企業診断士 運営管理の試験内容と勉強法【理論・暗記・計算】

運営管理の勉強を始められた方は、中小企業診断士試験の勉強が少しずつ軌道に進んできた頃ではないでしょうか?

大手予備校に通われている方ですと、3科目目もしくは4科目目の勉強になるかと思います。

本記事では運営管理の出題の傾向を確認しつつ、どのように勉強をすすめていくかについてまとめてみました。

ケン
ケン
【本記事の筆者】
元銀行員で、現在はベンチャー企業で中小企業診断士の資格を活かしながらITツールを用いた業務効率化コンサルティングを行っています。
26歳で中小企業診断士2次試験に合格・登録。
<1次試験の成績>
・企業経営理論 60点
・財務会計 88点
・運営管理 52点
・経済学・経済政策 92点
・経営法務:60点
・経営情報システム:52点
・中小企業経営・政策: 78点
【合計得点】482点
中小企業診断士 おすすめの通信講座

おすすめの通信講座はスタディング(旧通勤講座)診断士ゼミナール
大手予備校の1/4程度の金額で、高い品質の講義を受講することができます。
スタディング(旧通勤講座)では1科目のみの受講も可能、かつ無料登録で動画を試しに聞いてみることもできるので、気になる方はチェックしましょう。

【独学合格】中小企業診断士の勉強法とテキストを紹介【最初の一歩】中小企業診断士は1次試験・2次試験を通してストレート合格率が4%程度の難関国家資格です。かなりの難関試験ですが、サラリーマンや大学生であ...

中小企業診断士 運営管理:試験内容と科目の特徴

運営管理の試験内容

運営管理の出題範囲は大きく分けて下記の2項目になります。

1.生産管理
2.店舗・販売管理

生産管理の出題範囲

①生産管理概論
②生産のプランニング
③生産のオペレーション
④その他生産管理に関する事項

※平成31年中小企業診断士第1次試験案内より

生産管理は、主に「生産のプランニング」や「工場のオペレーション」、「生産計画」について学習します。

工場に勤めていらっしゃる方であればイメージしやすいのですが、特に関わりのない業種で働かれている方にとってはイメージがしづらい範囲になります。

店舗・販売管理の出題範囲

①店舗・商業集積
②商品仕入・販売(マーチャンダイジング)
③商品補充・物流
④流通情報システム
⑤その他店舗・販売管理に関する事項

※平成31年中小企業診断士第1次試験案内より

店舗・販売管理では、マーチャンダイジング(商品仕入・販売)や物流、在庫管理(商品補充等)について学習します。

主に小売業(例えば、雑貨店やアパレル店)や卸売業、サービス業に関する学習になるので、生産管理と比較して勉強する際にイメージが湧きやすいです。

運営管理の科目の特徴

特徴①:理論・暗記・計算の3つの要素がある
特徴②:問題数が非常に多い

運営管理は、理論科目でもあり暗記科目でもあり、計算問題もあります。
また、本試験では設問が40問~45問程度で、他の試験と比較して問題数が多いです。

2次試験の事例Ⅲとの関連性も深いため、企業経営理論・財務会計と同じく勉強時間は多めに確保し、2次試験を意識した対策をする必要があります。

運営管理の出題傾向

H28年度 H29年度 H30年度
生産管理 50点 46点 50点
店舗・販売管理 50点 54点 50点

過去3年間の配点については上記の様になっています。

基本的には「生産管理:店舗・販売管理=5050」と考えていただいて問題なさそうです(H29は1問、生産管理と店舗・販売管理どちらともとれる問題を店舗販売管理に含めております)。

理解をしやすい方から学習を始めるという点では店舗・販売管理からの学習スタートでよいですが、前半の生産管理も最終的には苦手のままではいけませんね。

中小企業診断士 運営管理:勉強法について

ここまでお話しさせていただいたように、理解がしやすい方から勉強を開始するという点からは店舗・販売管理の学習を先にスタートさせるのがよいです。

筆者自身は生産管理から学習を開始したんですが、生産管理の内容に馴染みがなかったため、勉強のリズムを作りづらかったです。

まずはサッと頭に入りやすそうな箇所から始めて徐々に範囲を広げていく勉強をオススメします。

また、運営管理の特徴は財務会計や企業経営理論等の科目と比較して暗記しなければいけない項目が非常に多いです。

暗記項目については、自分のノートに要点をまとめることや過去問の反復演習により定着させましょう。

計算問題については頻出項目については必ず得点源にすることが重要です。

計算問題は易しい問題も多いため、基本的な解法(公式など)を覚えておけば問題ないです。

運営管理の勉強法:初期段階

運営管理が3科目目の勉強であるとすると、勉強の開始時期は試験年の前年11月~12月頃からスタートしておくのがよいです。
この時期の勉強では、まず初めに過去問1年分をざっと目を通しましょう。

どのような問題が出題されるのかという傾向を知ることが目的です。
その後は、テキストを読み進めつつ、問題演習を進めましょう。

この時期の問題演習は基礎的なトレーニング問題集と過去問がおすすめです。

運営管理の勉強法:仕上げ時期

時期的には試験年の4月頃をイメージして書きます。

まず、初めて学習される方は、試験年度の4月までには5年分の過去問を一通り解いてある状態が好ましいです(出来ればもう少し解いておきたいです)。

この時期になると全科目の勉強が一通り終わり、どの科目に対してどのような優先順位で取り組むかが重要になってきますね。

最低限行っておきたいのは、運営管理は1~2週間に1度は必ず触れることです。

一番ダメなのは、ほとんど触れずにこれまで学習してきた内容を忘れてしまうことです。

運営管理の勉強法:試験直前期

試験直前の7月頃のイメージです。

ここまでで、過去問は10年分は一通り解いた状態を作っておきましょう。

7月・8月は新しい参考書には触れずに、今までやってきた問題集やテキストの最終確認を進めていく時期になります。

最後のインプットに追い込みをかけていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

運営管理はとにかく暗記する項目が多いので、終盤だけで追い込みは難しいので早い段階から一通りは目を通すように心がけましょう。

最初、生産管理から勉強を始めた方でつまづきそうになっている方は、一旦店舗・販売管理から始めてみるのはいかがでしょうか。

中小企業診断士の通信講座おすすめ5校を比較!【スマホでオンライン学習】 「中小企業診断士の勉強で通信講座を利用しようと思うが、どれを選べばよいか分からない」 「教材や講義の質に違いはあるのだろうか?...
ABOUT ME
KEN
金融機関⇒スタートアップ企業 資格の取得によって人生の分岐点でチャンスをもらえた経験から、「資格を通じて人生を豊かにする」を伝えていきたいです。 【取得済の資格】 ・行政書士(21歳/大学在学中に独学で合格) ・宅地建物取引士(22歳/大学在学中に独学で合格) ・中小企業診断士(26歳/働きながら資格学校を利用し合格) ・FPや銀行業務検定(勤めていた金融機関で最年少取得記録)